コンプライアンスポリシー

當社は、法令、社會規範及び倫理(モラル)を遵守して企業活動を行うと共に、役職員一人ひとりにコンプライアンス意識を浸透させる活動に取り組み、もって全てのステークホルダーからの信用及び信頼が得られる會社になることを目指します。

  1. 1. 基本的な考え方

    當社は企業活動において、法令、社會規範及び倫理(モラル)を遵守し、誠実に業務を行います。これを日常の業務において実踐し、外部関係者の方へ誠意をもって対応し、社會からの信頼を得ることが重要であると考えています。

  2. 2. 取引先に対する行動

    1. (1) 心構え

      當社は、関連法令及びその趣旨を十分に理解し、役職員一人ひとりが會社の代表として、社會にサービスを提供しているという自覚と責任を持って行動します。

    2. (2) 適切な商品情報及び広告を提供

      當社は、消費者及び店舗が商品又はサービス內容を知る際の重要な情報源である商品表示及び広告について、関連法令を順守し、消費者及び店舗にわかりやすく、誤解や誤認を與えない表記を致します。

    3. (3) 公正な商品?広告販売を行うための支援及び監査?監督

      當社は、自社商品や広告を販売する會員や店舗に公正な取引をして頂けるように、関連法令やその解釈に関する情報提供を十分にすると共に、実際に會員や店舗が公正に自社商品や広告を販売していることを監査?監督いたします。

    4. (4) 商品供給者としての社會的責任

      當社は、自社商品を購入していただく消費者に対し、安心かつ安定的に商品を提供できる體制を構築することにより、商品供給者としての社會的責任を果たせるよう努めます。

  3. 3. 企業內容の適正な開示と情報管理

    1. (1) 株主及び金融機関に対する開示

      當社は、株主及び金融機関に対する當然の責任として、會計基準、稅法及び関連法令を遵守し、正確な企業情報を適時に開示すると共に、透明性のある経営を実踐します。

    2. (2) 個人情報及び取引先情報の管理

      當社は、企業活動を通じて取得した個人情報及び取引先情報について、関連法令に従い厳格に管理します。また、當社が意図せず情報を漏洩することがないよう、システムをはじめとしたセキュリティレベルの向上を図ります。萬が一、個人情報又は取引先情報を漏洩してしまった場合、遅滯なくその旨を本人へ開示します。

  4. 4. 會社資産の健全な利用

    當社は、財務リスクを正確かつ慎重に把握しながら、會社資産を最大限に効率的に活用することにより、安定的かつ持続可能な會社経営をします。

  5. 5. 役職員の行動

    當社役職員は、本ポリシーを高次元で実踐するために必要な法令、社會規範及び倫理(モラル)に関する知識と心構えをもって業務に臨みます。また、當社は、役職員が本ポリシーの実踐に必要な知識と心構えを習得するために、継続的なコンプライアンス教育及び啓蒙活動を行います。

以上
平成26年3月6日 制定

人禽交俄罗斯人禽交,影音先锋男人看片AV资源网,极品人妻系列销魂肉体,欧洲女人牲交视频免费